119

自分が本当に理解しているならば、人には簡潔に話せるはずです。「結論は◯◯です。なぜなら△△だからです」と簡明に説明できないのは、結局、自分の中で咀嚼できていないからなのです。仕事は、インプットだけはなく、アウトプットをしてみて初めて理解度が試されると思うのです。

144

日本という国は、規律やルールがあるからこそ、すべてがうまく機能している。つまり、自分の頭をあまり使うことなく、規律やルールを重視して行動しているからこそ、「アナーキー」な状態とはほど遠い国となっているのだ。それはとても尊重すべきことである。だが、サッカーは別である。選手たちも見る側も自分たちで考えなくてはならないのだ。選手たちも見る側も、ロボットではいけないのである。

台湾旅行で気づいたこと

146

これ欲しい。。。

149

フリーは魔法の弾丸ではない。無料で差し出すだけでは金持ちにはなれない。フリーによって得た評判や注目を、どのように金銭に変えるかを創造的に考えなければならない。その答えはひとりずつ違うはずだし、プロジェクトごとに違うはずだ。その答えがまったく通用しないときもあるだろう。それは人生そのものとまったく同じだ。

リーンスタートアップ談義 with Fさん

シリコンバレーに飛んで1.5年のFさんとお話した。

157

ゆっくり働くことの問題は、技術革新が遅くなるだけじゃない。革新が全く起こらなくなることなんだ。革新を起こすようなプロジェクトをやりたいと思うのは、スピードを味方にして敢えて難しい問題に挑戦しようとするときに限られる。新しい技術を開発するのはものすごく大変なことだ。

158

何か事業を興すのであれば,自分の武器となり得るのは何なのかを考えないと駄目ってことです。そしてそれは,別に“現時点で装備できる武器”じゃなくてもいい。ゲームでもそうですけど,レベルが低いと使えない武器ってあるじゃないですか。でも,筋力をこのくらい上げれば,きっとこの剣を持てるに違いない,みたいなね(笑)。

162

これからは技術者であると同時にいつも時代のすう勢を見極める経営者の才能を備えた人でなければ、事業を進めることは不可能である。自分は技術者だ、自分は工員だといってはいられないのだ。これは、営業マンも同じである。
(snip)
うかうかしていると、社会にも仕事にもとり残されてしまうだろう。

163

やっぱり、自分の根本的なスタイルは常識に安住することを否定したこの言葉なのだろう。このスタイルを貫いた存在へのあこがれをいつも持ち続けている。