入院日記 2日目 半月板部分切除手術 手術当日


入院 プレート

起床

6:20 部屋の電気がつけられ 6:30 ウエットタオルを配られた。半ば強制的に起床

天気は曇り。窓を少し開けたら風強いのが分かる

他の人は血圧、体温測ってるけど、自分は不要

具合の悪い人に紛れるのはキツい。寝る時に特にそう思う。 早く入院したのは間違えだったな。

左腕に針が刺される

7:55 夜の担当看護師が点滴用?の針を刺しに来た。

顔を洗いに洗面所に行ってる時に来たみたい。そういうすれ違いの無駄時間多そう。 来る時間がわかればいるようにするのに。

針が左腕について動きづらくなった。あまり左は使わない方が良いかな? 少しだけ痛さを感じるのでこれはストレスだ。

点滴は初めてじゃないはずだけど、こんな嫌な感覚だったかな? 嫌な記憶は忘れるようにできてるのかも。

一回挨拶しているという麻酔?看護師ではない男性が来て、針を刺そうとしていたが既に刺さっていたので帰っていった。 多分夜の看護師が夜勤明け前に終わらしておこうと思ったのかも。

看護師?の引き継ぎ

9:00 くらい

看護師?5、6名いきなり来て、目の前で引き継ぎのようなことを始めた。

こちらはよくわからずいたが、質問は1つだけで終わり。

患者としては訳分からなかったけど、多分今日の昼間の担当者の紹介とその場で担当看護師に情報をインプットしているんだろう。

その情報インプットは患者としては不要だけど、人の間違えがないように本人確認してその場でやるんだろう。 でも、こちらとしては意味ないから、担当者だけが来てくれれば良い。

9:30 ごみ収集してくれた。ありがたい。

10;25 今日昼担当の看護師さんが来た。

体温、血圧を測った。

先生はマーキングしなかったかとまた聞かれた。 どっちの足が手術するかマーキングるすものらしい。

靴下を右足に履くことで左右間違えを回避していると思うけど、それじゃダメなのかな?

点滴つながる

10:30 点滴繋がった

点滴

動きづらい。刺したとこが不安

管が引っ張っられても大丈夫なのだろうか? 止め方が心無い気がする。

手術が13時からだとすると、手術着に着替えて移動してと考えると、最速12:45くらいに声がかかりそう。

食べてないからお腹すいて良さそうだけど、点滴のせいなのか緊張のせいなのかあまり空いた感じがしない。

手術前後の説明を受ける

手術手伝い?女性が手術前後の説明をしにきた。

手術前の準備

  • 看護師さんが手術着に着替えている
  • 一緒に歩いて手術室に行く
  • 手術室では、本人確認、同意書の確認
  • 部屋に案内する

手術中

  • 心電図、酸素を測る、血圧、3つの機械を体に付ける
  • 麻酔の先生がマスク当ててい意識なくなる

手術後

  • 動いて意識が目覚めたら口に管入っている
  • 手と足首を動かす
  • 管は喉の結構奥まで入っている
  • 管を抜いてマスクだけになる
  • 酸素マスク、点滴はついたまま
  • 部屋に帰ってきたら、付け替える
  • 尿のカテーテールも付いてくるかも。最近は付けない
  • 手術後はタンができるかもしれない。積極的に出すようにする。出せなかったら看護師呼ぶ

同じような話は昨日時点で誰かから聞いてたな。 ここでも情報のデュプリゲートが起きてる。当日説明だけで良さそう。

新米ぽい男性医師が左手の甲にマーキングだけしにきた。

看護師の言ってたことはこれか。左手の甲に丸描いただけ。

いざ手術

12:45 呼ばれる。

手術着に着替えて、パンツ脱いでマジックテープでとめるおしめみたいなのを履く。 手術室まで点滴繋がったまま徒歩で移動。

入ったところで本人確認、説明同意書の内容確認あり。

メガネとマスクを付き添いの看護師に預ける。看護師はここまで。

手術室に先生いた。

手術台に仰向けになる。部屋全体はひんやりした感じだけど、かけてもらった布団みたいなのがあったかい。

胸を開けられ心電図やらを取り付けられる。

麻酔の?マスクをされたけど、吸うのはできるけど吐くのができない。機械は出すだけ見たい。

マスク押さえている人が隙間なく強く押さえつけるから息が吐けない。強く吹いてマスクの隙間から出せるけど、苦しい。

眠くなりますよと言われたけど、苦しく心拍も上がってるようなので、このままではまずいと思い、「息が吐けなくて苦しいです。」と言った。

そのあとちょっとして楽になって眠った。

今思うとマスクで強く押さえていたのは新人の方で、本当は呼吸ができるように隙間を開けるものなのだろう。 でないと、呼吸ができない。

手術後

遠くの方で名前を呼ばれた。

頷いて答える。2人部屋に来ました。とも言われた。またうなずく。

また眠る。

目が覚めたら知らない部屋にいた。すごく深い昼寝から目覚めたみたい。

起きてるけどまだ動けない感じ。しばらくまどろむ。

口の中が変な味、感じがあり、喉がイガイガした感じがある。

目が覚める

2人部屋だけど隣は荷物はあるけどベットごとおらず、実質個室状態。

すごく静かで大部屋の騒がしさから解放された。

胃が動いているか看護師が確認して、

20:00 遅めの夕飯

2日目 夕飯

ゆっくり食べてみたが、アクティブになれずほとんど食べれなかった。

21:30 消灯だが寝付けない。

1,2,3,4時に目覚める。

振り返り

前日に言われたことを再び言われた。

当日に言われるだけで個人的には十分と感じたけど、高齢者は何度も伝える必要があるのかもしれない。

また、病院のリスクを最小にするために二重の伝達を推奨しているのかも。

点滴の針は常に左腕に刺さっていて本当に不快だった。

内臓系が悪いわけでないので、常に点滴で栄養を補給する必要はないのでは?とも思った。

Related Posts

自分ではない他の誰かのためにサービスを作る

メタバースが流行る兆しが出てきた

実績紹介 プロジェクトマネージャー

NFTクリエイターデビューしてみた

実績紹介 AWSエンジニア研修プログラム策定・実施

実績紹介 AWSテクニカルアドバイザー

今まで見てきたITシステム開発の失敗ポイントをまとめてみた

日常の当たり前を変えたら豊かになった

入院日記 3日目 半月板部分切除手術 退院

入院日記 1日目 半月板部分切除手術 入院