日記 5/27 コロナウイルス 緊急事態宣言解除


アベノマスクより使える

5/25に緊急事態宣言解除された。

しかし、まったく安心できない。危ない状況には変わりないと直感的に思う。

なぜそう思うか、ちょっと考える。

  • 解除の目安となる数値は、東京都はクリアしていたが神奈川県、北海道はクリアしていない数値があった。
  • 以前のスケジュールで5/25での判断は想定していなかったのに急に設けられた。本来なら1週間後5/28だったはず
  • 検査実施人数が圧倒的に少ないので、基準の数値を信頼していない

あたりが理由。

結局、今まで通り

解除後も行動に対する注意は国や東京都から出されている。個人的にも安心感はまったくないので、解除されたからといって感染リスクを減らすための行動を変えるつもりはない。

人の多いところには行かない。電車には乗らない。対面で会わない。外に出る時にはマスクをする。外から帰ったら手を洗う。

最近はあまりの運動不足にフットサルを再開した。コートも営業し始めていたし、これは解除の有無関係なく行っていた。

緊急事態宣言とは何だったんだろう?

そうなると、緊急事態宣言を行うことの意味はなんだろう?

単なる雰囲気づくり だったのかもしれない。

緊急事態宣言自体が国が宣言するが、自粛要請など具体的な実施内容は自治体が行う。 人口分布の違いもあるから地域ごとに対策が異なるのは納得できる。

そうすると主たる機動部隊は自治体で国は何をしているのだろう? 今回で言えば国の役割は「補償」だったはず。

宣言を出すことで経済が止まるので、止めたことによる影響責任を持つという点でも補償は必須。自粛要請と補償はセットと誰かが言っていたがまさにその通り。

しかし、補償の実態は金額は十分ではないし、なにしろスピードが足りずに申請すら始まる前に宣言解除してしまっている。必要な時に必要なものが提供できなかった この事実は大きい。だから政府支持率が一気に下がった。自分たちが生きるために切実な状況なので影響がわかりやすい。

政府のオペレーションは諸外国のそれに比べると遥かに劣っていることが残念ながらはっきりしてしまった。 危機の時に真の実力が発揮される と教訓的に思っていることがあったが、今回の政府の実力は本当に悲しくなるほどだった。

日本政府が諸外国並みのパフォーマンスを行える日は来るのだろうか?そんな日はもう来ないのだろうか?

マスクをタピオカ屋で買う

近所のドラッグストアにはまだマスクが売られていないが、噂通りタピオカ屋で売っていたので買った。

アベノマスクより使える

パッケージは日本語だけどおかしな点が、、、家に持って帰ってきてから気づいた。さてどこが間違っているでしょうか?わかるかな?😉

中を見ると中国語の品質合格証が入っている。MADE IN CHINA。検品はしていますよということか。 最近の中国製品への懸念は全くなくなった。むしろ日本のほうが衰退傾向なので今後悪くなる懸念を感じている。

2ヶ月ぶりのフットサル

あまりの運動不足でいい加減フットサルを再開しないと思って蹴ってきた。

自粛と言われつつも、運動や文化に触れることは日常行為なほど人には必要なものではないだろうかと思えた。

GW明けからフットサルコートは営業再開するところがちらほら出てきていて、ちょうど個サルも募集していたから参加。

場所は吉祥寺ロフト屋上。

2ヶ月ぶりだったので、トラップミスがあったり色々ダメだったし、最後のゲームでは両モモ前がつってしまうということも起きたけど、とにかくボールを蹴って走ってゴール決めて楽しかった。

やっぱり運動は良いなぁ。頭の体操にもなるし、楽しいのが一番良い。