Keynote Iphone4s


まだKeynoteは見ていないけど、今までの流れで iPhone4S がちょっと厚く重くなってしまったことを大幅に改善したという意味では、iPhone5 の名にふさわしい。

A5からA6になったように、チップの集積化による恩恵が直接ユーザに与えられる。今後もこの流れは続き、より早く/薄く/軽くという傾向は進むのだろう。

イヤホンジャックを底面に移動させて、前面のカメラをちょっと左から中央に配置した。こういった細かい修正はユーザの利用シーケンスをちゃんと見て改善している証拠。Appleらしい。

ちょっと気になったのは、幅は同じで縦長になったことで、見慣れないせいか縦横比が美しくない気がする。あと、背面のデザインはあれでいいのか。ブラックはシルバーをやめてマットな感じになってしまったのでチョイスするならホワイト一択。

Related Posts

自分ではない他の誰かのためにサービスを作る

メタバースが流行る兆しが出てきた

実績紹介 プロジェクトマネージャー

NFTクリエイターデビューしてみた

実績紹介 AWSエンジニア研修プログラム策定・実施

実績紹介 AWSテクニカルアドバイザー

今まで見てきたITシステム開発の失敗ポイントをまとめてみた

日常の当たり前を変えたら豊かになった

入院日記 3日目 半月板部分切除手術 退院

入院日記 2日目 半月板部分切除手術 手術当日