Titanium Developerで開発したiPhoneアプリをAppStoreに登録する方法


Titanium Developer はもう古くて TitaniumStudio だとは思うのだけど、一応メモしておいたので公開。

事前に以下のことが終わっていること

  • 実機でのテストが終わっていること
  • iOS Dev Center, iTunes Connectへのログインが出来ること
    • ¥10,800の支払いがが終わっていること

参考にしたページ: http://blog.livedoor.jp/tattyamm/archives/2957285.html

1. Distribution Certificate作成用CSRファイルの作成
  1. 手元のMacのキーチェーンアクセスから作成する
  2. Distribution用フォルダに保存する
  3. ファイル名: CertificateSigningRequest.certSigningRequest
2. iOS Provisioning PortalにてDistribution用Certificateを作りダウンロード
  1. ローカルに保存したCSRファイルをアップロードする
  2. Distribution用フォルダに保存する
  3. ファイル名: distribution_identity.cer
  4. 同じページより、AppleWWDRCA.cerもダウンロードする
  5. 2つのファイルをダブルクリックして実行し、キーチェーンアクセスに登録する
3. Distribution用Provisioningファイルを作成する
  1. developmentと同じprofile nameは使えないので変える</p>
    • どうやら大文字小文字区別は付けていないようだ
  2. Distribution用ファルダに保存する
    • 参考 ファイル名: dmatchat_distribution.mobileprovision
  3. ダウンロードしたファイルを実行し、Xcode上に登録する
4. Titaniumでパッケージを作る

f:id:d_sea:20111018191153p:image

ここからの参考: http://webtech-walker.com/archive/2011/02/22130853.html

  1. Test & Package – Distributeより、Distribution用Provisioningファイルを指定する
  2. Select Distribution Locationで適当なフォルダを指定する
  3. Provisioningファイルを置いたDistribution用フォルダにした
  4. Packageボタンを押す、エラーがなければXcodeのArchivesに表示される
5. iTunes Connect にてアプリ登録する

ここからの参考 http://blog.livedoor.jp/tattyamm/archives/1177705.html

  1. iTunes Connectにログイン
  2. Manage Your Applications – Add New App
  3. Ready to Upload Binary を押して No を選ぶ
  4. statusがWaiting For UploadになったらOK
6. XcodeのArchivesからSubmitする

f:id:d_sea:20111018191151p:image

  1. 該当のアプリを選択して、Submitボタンを押す
  2. iTunes Connectへのログイン情報を入れる
  3. 証明書をdistributionを選択をする
  4. しばらく待つと完了
7. iTunes Connect上のステータスを確認
  1. Waiting For Review になっていればOK
  2. 完了

Related Posts

2022年を振り返る

ハードウエアのWeb化

本を書きました「ひとりスタートアップ」

自分ではない他の誰かのためにサービスを作る

メタバースが流行る兆しが出てきた

実績紹介 プロジェクトマネージャー

NFTクリエイターデビューしてみた

実績紹介 AWSエンジニア研修プログラム策定・実施

実績紹介 AWSテクニカルアドバイザー

今まで見てきたITシステム開発の失敗ポイントをまとめてみた