Born to Do It / Craig David


http://d.hatena.ne.jp/d_sea/20080211 のときに一緒に Amazon で注文したのがこれ。

Born to Do It

</div>
</div>

Craig David のデビューアルバムらしく、レビューの評判もいいし何しろ視聴してみてかなり衝撃を受けた。

これはいい!!名盤といってもいいレベル。

単純な Disco/R&B とは違って、アコースティックギターと細かい打ち込みを重視したひかえめな演奏にリズムで遊ぶかのようなメロディーを奏でるボーカル。ジャンルとしてはトゥー・ステップというらしいけど、このセンスにやられる。

捨て曲なし。どの曲もキャラクターを持っているけど、アルバム全体としては一貫したワールドを持っていて聞いていて気持ちいい。

シンプルな演奏だけどドラムの遊びとボーカルの遊びが同期することなく絡み合って曲が構成されていて、シンプルな感じを保ちつつちょっとずつひねったりして、このひねりだったり絡みだったりが日本人には出せないセンスだろうなぁ。

激しい感じではなく、淡々とループしつつな感じなので、合う雰囲気としては雲の少ない夜に一人でちょっと速めに歩きながら聴くといいかな。

</div>

Related Posts

2022年を振り返る

ハードウエアのWeb化

本を書きました「ひとりスタートアップ」

自分ではない他の誰かのためにサービスを作る

メタバースが流行る兆しが出てきた

実績紹介 プロジェクトマネージャー

NFTクリエイターデビューしてみた

実績紹介 AWSエンジニア研修プログラム策定・実施

実績紹介 AWSテクニカルアドバイザー

今まで見てきたITシステム開発の失敗ポイントをまとめてみた