MySpace.com


久しぶりに HaremScarem のオフィシャルページを見に行って、リンクをたどっていたら MySpace.com というサイトに行き着いた。

しかし、こりゃすげ~・・・

音楽アーティストが自分を紹介するためのようで、自分の曲をアップできて流すことが出来る。タダで誰でも見れて誰でもページが作れるのでオープンなSNSといったところか。

MySpace.com
http://www.myspace.com/
Pete のページ
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=3830602
PodcastとかYouTubeを張り付けてそれだけで結構を~っ!!なコンテンツ

Friendsをたどっていったら Paul McCartney がいた…

誰でも入れるのでどうやらアーティストだけではなく、ファンも結構いるみたい。憧れのアーティストとお友達リンク張れるのはファンにとってはたまらんだろうに、その気持ちよく分かる。。。

しかし、これもタダ・・・Webサービスはもうタダで利用できるのが当たり前の感覚になってきた。

Related Posts

2022年を振り返る

ハードウエアのWeb化

本を書きました「ひとりスタートアップ」

自分ではない他の誰かのためにサービスを作る

メタバースが流行る兆しが出てきた

実績紹介 プロジェクトマネージャー

NFTクリエイターデビューしてみた

実績紹介 AWSエンジニア研修プログラム策定・実施

実績紹介 AWSテクニカルアドバイザー

今まで見てきたITシステム開発の失敗ポイントをまとめてみた