客観的評価と期待


自分が自分に対して持っているイメージと客観的評価はやはり違うのだろう。そんなことは分かっているつもりだけど、ここまで離れているのは期待の部分が大きいからかな?

2ヶ月ちょっとのパフォーマンスは自分的にはまだまだ。これからもうボチボチらしくやっていかないと、と少々の危機感/緊張感を持ち始めているころ。客観的にはそんなに焦らなくても良いということらしい。幸い終着点は大体同じなところらしい。

自分にとっては好都合なギャップのあり方だけど、面白く行くにはもうちょっとインパクトあるように振舞いたいよな。と言うことでもうちょっとらしく行こうと思ってます。

Related Posts

2022年を振り返る

ハードウエアのWeb化

本を書きました「ひとりスタートアップ」

自分ではない他の誰かのためにサービスを作る

メタバースが流行る兆しが出てきた

実績紹介 プロジェクトマネージャー

NFTクリエイターデビューしてみた

実績紹介 AWSエンジニア研修プログラム策定・実施

実績紹介 AWSテクニカルアドバイザー

今まで見てきたITシステム開発の失敗ポイントをまとめてみた