すごい考え方



すごい考え方

すごい会議に先導役として登場するハワード・ゴールドマンの書いた本。

すごい会議はどのような考え方を元に実践されているのかが分かる。コーチングについての記述もある通り、相手との関わり方や促し方について書かれている部分が多い。

あくまでポジティブにかつ行動に移せるようにチェックを続ける仕組み作りのための考え方。

考え方は理解できるが、それを実践に移すところの記述が結構あっさり書かれてしまっている。

すごい会議との出会いがかなり強烈だったので、それを期待するとちょっと実践性に欠ける。

すごい会議を読んでからの復習本(前だったら予習本)という位置付けになる本。J

Related Posts

2022年を振り返る

ハードウエアのWeb化

本を書きました「ひとりスタートアップ」

自分ではない他の誰かのためにサービスを作る

メタバースが流行る兆しが出てきた

実績紹介 プロジェクトマネージャー

NFTクリエイターデビューしてみた

実績紹介 AWSエンジニア研修プログラム策定・実施

実績紹介 AWSテクニカルアドバイザー

今まで見てきたITシステム開発の失敗ポイントをまとめてみた