家を購入するまでのフロー


自分にとってあまり機会のあることではないけれども、事前にフローが分かっていれば焦ることはないと思うので残しておく。

  • 前提</p>
    • 新築一戸建てを買う場合
  • 必要なもの
    • 実印
    • 印鑑証明
    • 住民票
    • 現金
  1. 物件を決める
  2. 購入申込書を提出する
    • これが売主に渡ればこの物件が契約中になって、他から購入される事がなくなる「物件を止める」状態を作れる
  3. ローン事前審査申込書を提出する
    • ある程度のざっくりした条件を決める必要がある
    • 変動 or 固定、期間くらい (例)変動35年間
  4. ローン事前審査結果を受け取る
    • これでOKが出ればローンが組める
    • 最近はコンピュータで自動的に審査結果を出すらしい
      • パラメータは年齢、勤務先、年収、勤続年数あたりのようだ
      • 勤続年数が3年未満の場合は最初の会社からの職歴と年収を提示する。転職するたびに年収があがっていればいいらしい
  5. 各契約書を結ぶ
    • 売買契約書を仲介人(不動産仲介業者:三井のリハウスとか)と売主と買主で結ぶ</p>
      • 収入印紙代 ¥15,000 が必要
      • 手付金を売主に払う。万が一の時に戻らないお金なので少ないほうがリスクが減る。100万くらいからのようだ
    • 仲介人から物件に対する重要事項説明を受ける。重要事項説明書に署名捺印する
    • 一般媒介契約書を仲介人と買主で結ぶ
  6. 仲介人に手数料の半分を払う
    • 今回の仲介人は 手数料の算出=物件の価格(税抜き)の3%+6万円 だった
  7. ローンの本申し込みをする
    • 借りる金額を決める
    • 返済プラン(変動 or 固定)と期間を決める
    • 保証料の有無を決める 100万弱かかった
      • 最初に一括で払うか月額に盛り込んで利率を上げるか 利率は+0.2%のアップになってしまうので一括にした
  8. ローンの契約をする
  9. 引渡し
    • 司法書士?の先生が登場 登記変更手続きを行う 売主から買主への変更
    • 各所へのお金の支払い
      • ローン会社から借りた金額が一括で振り込まれる
      • 売主に物件の金額を振り込む
      • 仲介人に残りの手数料を振り込む
      • 司法書士?の先生へ振り込む
    • 家の鍵を受け取り自分の所有になる
    • 物件が買主側へ渡され終了

こういう情報って端的に示されているものが少ないと思うので、参考にいただければ。