下の歯研磨


だいぶ下の歯もきれいに並び、上の歯は大して動いてない様子。

ここで上の歯をもっと大胆に引っ込めたいか、ちょっとでええか問われた。これによって下の歯を抜く or 削る が決まる。

上の歯は確かにもっと引っ込めたい思いはあるけど、そこまで動かしたくないし、また大変な思いして抜くのはイヤだなぁという思いもあったので、削る方向に、

さっそく下の歯を研磨する(polishing というそうな)装置登場。糸ノコギリの小さい版のような器具で、歯と歯の間に刃先を入れて電気によって振動させ研磨する。1回に1ミクロンほど削れて、6回ほどで0.1mm削るそうな。あまり削り過ぎるとエナメル質が減り過ぎて虫歯に侵食されやすいそうな。

研磨自体は振動はくるけど、大して痛みも無く終了。

上の歯の抜いた隙間を積極的に埋めるべく、今のワイヤと平行して透明なゴムと細いワイヤを巻きつけてテンションをきつくした。下はより太いワイヤになった。

上の歯ぐき痛い・・・

あと、治療開始して半年が過ぎ、期限がきたのでついに治療費の半分を払った。

本日の清算:チェック代 ¥5,000 + 矯正治療費(半分) ¥294,000