考具―考えるための道具、持っていますか?


考具 ―考えるための道具、持っていますか?

</div>
</div>

人から借りた本。

アイデアを出すことを仕事にしている人が書いた、アイデアをたくさん出すための道具/方法の紹介。

最近読んだ本はメモとかノートを取る必要性を謳ってるのだけど、やっぱり人間ってすぐ忘れちゃう生き物なんだよなぁとつくづく思う。最近はやりの「**の手帳活用法」みたいなのもこの延長で、だから思いついたらどんどん書こうというスタンスはこの本も同じ。

とにかくテーマを中心にどんどん思いつくまま、派生していくままにメモって広げていくことが大事ということ。現実可能性とかおもしろい/おもしろくないの判断は一切抜きでというのがポイント。

結構今まで自分がやったことが無かったアプローチの仕方で、是非実践してみようと思った。

やってみると現実可能性がちらついて狭くなったり、テーマに忠実に沿ってしまったりしてなかなかたくさんは書けないもの。繰り返しが必要かなぁ。

創造性の面をもっと豊かに出来ないかなぁと思っていたから、ちょうど良かった。

</div>