自分のペースを持つ


今日、メーカの人とたまたま話す機会があって、その人のスタイルが良いなと思った。

営業ではなくどちらかというとマーケティングをやってるようなのだけど、ちゃんと顧客へのコストメリットをベースに考えている。その上でこちらの望むものと自分が提供できるものを照らし合わせて考えてくれた。

何でも出来ますと答えて、いざ事が起きるとスキルが足りなくバタバタする話は良くありがちで、大体どのメーカ/ベンダの営業はそういう感じだ。しかし、自分たちの提供範囲を心得ている方が結果的に双方にとってメリットがある。その線引きをすることはチャンスを逃すという点で勇気のいることだが、逆にリスクを回避できる。

もう1つ気づいた点はしゃべり方に自分のペースをもっていたこと。自分のテンポを大事に丁寧に相手が理解していることを確認するようにしゃべっていた感じがして、とてもさわやかだった。

特に売り込む側は外的要因に左右されながら話の内容が変化するのでなおさら難しいと思う。

自分のペースはどれくらいだろう?かなり最近効率的に言葉を短く話している気がしていて、、、周りに動じずに自分のペースを保ちながら仕事をしたいものだ。