さおだけ屋はなぜ潰れないのか?


ビジネスマンである以上、会社の決算書くらいは読めないとねという意識が元々あって、なんとなくは分かったんだけど、もうちょっと会計って言うものを理解したいなと思って買った本。新聞の記事に著者のコメントかなんかが載っていて、それで知ったと思う。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

</div>
</div>

内容は会計の入り口部分を非常に身近な話題から分かるように書いてあって、会計というものにとてもお近づきになれる本。

・・・このように、費用の削減はパーセンテージで考えるべきものではなく、絶対学で考えるべきものなのである。

こんな教訓も書いてあるが、学問的でなくって自分の買い物する時の値段の見方が見直せたりする。我が家でも実践できそうだ。

次は決算書を手軽に読める本を読もうかな。J

</div>