心に夢のタマゴを持とう


心に夢のタマゴを持とう (講談社文庫)

心に夢のタマゴを持とう (講談社文庫)

すごく久しぶりに本屋さんへ行ってなにげ無しに買ってみた本。

言わずと知れたノーベル賞 受賞者 小柴先生の母校での講演内容を本にしたもの。決して本を書くつもりで書かれた本ではないのであしからず。

“カミオカンデ” とか “ニュートリノ” って何?と思っていたが、とても分かりやすく説明されているし、基礎物理学の根源の面白さを感じられて、理系人間の研究心というか探究心をものすごくくすぐられる。

やってるレベルと規模は全然違えど、学生時代、実験をしこしこがんばっていた時期をふと思い出した。

一番は人間ができる可能性についてで、人間のように物を作り出せる生物が宇宙中に生まれる可能性はすさまじく少ないんだ。ということを今さらながらに実感するわけです。

これを母校の小学校でもやさしい言葉で話しちゃうんだからすごいよなぁ。

久しぶりに心が震えさせられた本です。