今作っているサービス紹介 – WPデザイナーのための簡単自由なクラウド

「サービスを作って食べていけるか」のチャレンジに移行します の反響が大きかったのでびっくりしているのですが、時代は変化したとはいえまだ脱受託でサービスだけで食べていくことはやりたくても難しい状況なのでしょう。特に私の場合は一人で外部資金にも頼らず始めているので、それもまた稀なのかもしれません。

ポジショニング戦略 – アル・ライズ、ジャック・トラウト

最近は意図的にマーケティング関連の本を読むようにしている。
自分の本業の分野ではなかった上に、スタートアップをやってみて得られた失敗の一つが「マーケティング・プロモーションの軽視」だったから。
どうしてもエンジニアは「良い製品を作れば使ってくれる」と思いがちだし、だからこそ自分自身が世の中を牽引できる感覚を持つ。製品やサービスがその市場で少ない時は確かに売れるのだけど、現代はモノにあふれているし簡単にサービスを出すことができるので、単に作っただけでは埋もれてしまう。
ワーストケースは「誰も使ってくれないサービスを作ってしまった」だが、使ってくれるユーザを明確に定義して刺さるサービスを作れたとしても、そのユーザにサービスの情報が届かない限り使ってくれない。

AWS s3cmd を使ってS3から複数EC2インスタンスへ簡単デプロイ環境を作る

基本的に複数台の EC2 インスタンスある場合にファイルをデプロイする時は、手動なら SCP で1台ずつやるのだろうけど、楽をするなら Chef を使って環境を作るとかになると思う。だけど、オートスケーリングをさせている場合、起動しているインスタンスは常に変わってしまう懸念があるので、実際そこまで作りこむのは大変。

「サービスを作って食べていけるか」のチャレンジに移行します

自分の会社シェイクソウルを作ったのが、2009年2月なので約4.5年ほどたったことになります。
途中 fluxflex が2年あるので、その間は休眠状態だったのですが、まぁそれだけ月日がたちました。

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション – カーマイン・ガロ

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼンが好評だったことで出された第2弾。第1弾がプレゼンの分析で今回がイノベーションを数々起こしてきたジョブズの特徴や考え方、その要素についての分析となっている。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン – カーマイン・ガロ

プレゼンテーションは、最近はそうでもないがスタートアップをやっていた時は機会が多かった。今までの人生の中だと、卒業論文や修士論文・学会での発表会も貴重なプレゼンの機会だった。私の所属していた研究室ではプレゼンの練習を推奨していて、よく先輩や同期相手に練習した。先生の口癖は「中学生にでも分かるように話しなさい」だった。おかげで今でもプレゼンの苦手意識はなく、むしろ楽しめる感覚を持っている。プレゼンは大学で唯一社会に出ても役に立ったことかもしれない。

トヨタ生産方式 – 大野耐一


トヨタ生産方式―脱規模の経営をめざして

今日の日経 2013.07.10

[1面] 3年滞在で永住権 政府が新制度検討

コンフェデレーションズカップ2013 ブラジル x 日本 雑感

「失敗した時こそ学ぶことができる」
なんて、そんな思いが強かったもので、はじめてですがサッカーの試合について見ていて思ったことを自分なりに書いてみたいと思います。

Apple WWDC 2013 雑感

Appke Keynotes のポッドキャストで見た WWDC 2013 の雑感をまとめておく。