リオオリンピック出場 中野紘志選手との出会い


hiroshi nakano

昨日、リオオリンピック出場したボート競技の中野紘志とはじめて対面した。

それまではFacebookのメッセージでやり取りをしていたので、はじめましてな感じはあまりなかったが、やはり、リアルで会って話すと選手の実情や考え方が分かって、自分自身の気付きやこれからのサービスへの検証もできた。

そう言えば、今まで何人ものアスリートと話してきたが、オリンピック出場選手と1対1で話したのははじめてだったかも。

出会いはFacebook営業

そもそも中野選手にコンタクトして Players1st に登録してもらったのは、彼の書いたハフィントンポストのある記事が目にとまったから。

アスリートのセカンドキャリア問題を解きたい

ちょうどその時、Players1st はサービスメニューにアスリートのセカンドキャリア支援を加えて、無料カウンセリングが受けれるようにしたところだった。

「オリンピックに日本代表なのにもったいない!」 「この選手に是非使ってほしい!」 そう思って、全く面識がなかったがダメ元でFacebookメッセージを送った。Facebook営業したわけだ。

ちなみのリオオリンピックの男子ボートの日本代表は2名。日本代表になるのはとても狭き門なのだ。

そうしたら、返事を返してくれて何度かやり取りをして結果的に登録・スポンサー募集も開始してくれた。

選手の現状はやはり厳しい

現状の生活・トレーニング、お金周りの話を聞いた。

日本代表に選ばれると遠征費などは自腹になり100万円ほど追加でかかる、それが払えないので辞退するケースもあるとのこと。

悲しいかなこれが現状。これを解決するために Players1st があると思いたい。

なぜ Players1st を選んだのか

他の支援系サービスがある中、なぜ Players1st を選んでくれたのか聞いてみた。

  • 大企業だと取り組みにくいと思っていたので、会社のサイズが小さくて良い
  • 手数料が他社に比べて低い
  • アスリートをひとりの人間として見ていると思った

最後の「ひとりの人間として」というのは発見だった。アスリートの成長とともにサービスも成長していきたいと思っていたから、確かにそうかもしれないと思った。単純に嬉しかった。

作っている側はどうしても主観が入るので、ユーザーの客観的評価であるこういう意見は本当に貴重。

スポンサー募集開始 - 多くの人に関わってもらえるように月額500円/口

中野選手はリオオリンピック出場をへて次なる目標を 2020年東京オリンピックで金メダルを取ること を目指している。

金メダル獲得に向けて、期待とプレッシャーをより多く得たいとの思いから、少額にしてたくさんの人が払えるようにした。

月額500円/口。

個人スポンサー募集しています!!

中野紘志選手が海外レースに出場した場合、記念品を抽選でプレゼントします。

ここまで安い金額は Players1st でも初。元々 少額からでも受け付けられる課金窓口 を目指していたので、サービスとしても本質が試される楽しみな取り組みになった。

まだ募集開始24時間ほどだがすでに複数口の申し込みがあった。勢いを感じる。

お小遣いの範囲で支払える金額なので、是非スポンサーになることを検討してもらえればです。

少額でたくさん集まれば素敵なストーリーにつながる

少ない金額がたくさん集まることで、資金の課題も解決され選手の認知も上がり、支援した多くの人の期待を力に東京オリンピックで金メダルを取れたら、これは本当に素敵な取り組みになる。

そういう、成功のイメージを実現するためにこれからやっていく。良い力をもらった。良い時間だった。

改めて、中野選手、ありがとうございました!!