2回目のスタートアップを始めました


最初のスタートアップ fluxflex を抜けてから4年。

ついにというか、やっとというか、2回目のスタートアップのチャレンジを始めることにした。 生活費のために個人会社でやっていた受託仕事も2月末で終わり、ほぼすべての時間を今回のスタートアップに費やせる状態にしている。

なぜ今

新しいサービスを作ること自体は今まで個人会社でいつくか試してきた。 リーンスタートアップを実践して失敗から学んだ。失敗からの学びはリーンスタートアップのノウハウとして随分溜まった。 (ブログのリーンスタートアップカテゴリー記事一覧)

ただ、取り組んでいる間モヤモヤしたものがあった。この取り組みがスタートアップですと言うには足りないと思っていた。 本当にこれが自分のやりたいことなのか。自分の人生を使ってまでやることなのか。疑問があった。結局小さく考えてしまっていたと思う。

そしてやっと自分のやりたい・やるべきだと思えるジャンルと課題が見つかった。それがスポーツの世界だった。

やりたいこと

自分の人生のモチベーションは「世の中をより良くする。」ことと定めている。 今回で言えばスポーツに変革を起こすことで世の中をより良くすることになり、「スポーツで世の中をより良くする。」をサービスコンセプトにしている。

自分がサービスとして取り組みたいと思うものにはいくつかの条件があって、

  1. 多くの人に関連のあること
  2. 課題が大きく、社会的インパクトがあること
  3. グローバルに展開できること

この条件がそろったのが今回のスポーツのサービスになる。

解決する課題

チャレンジし始めたスポーツのスタートアップでやることは、

  • 現役スポーツ選手のPR・課金をネット上で実現して副業に頼らない経済環境を提供する。
  • サポーターは多くの選手の活動の様子をチェックし、応援したい選手に少額でも経済的支援ができること。

この2つを同時に1つのサービスで成り立たせる。

チームを作って開発中

知り合いの2名にサービスアイデアとやりたいことを伝えて誘ったところ快く受けてくれた。本当にありがたい。

今3名のチームで開発中。僕がプロダクトのイメージを持っているのでそれを伝える。彼らは設計、コーディングの役割。おかげて僕は大きな視点で考えられているし、ユーザーにフォーカスし続けることができている。

2名は東北にいるのでやり取りは全てオンライン、完全リモートワーク。Slack, Bitbucket, Google Drive, Evernote, Trello が僕らを支えてくれるツール。

エンジェルからの資金募集中

取り組み始めたとは言え、メンバーは生活費を稼ぐため仕事があるし、そのスキマ時間を使っている状況でスピードは出にくい。

スケジュールは4月いっぱいまで開発、5月上旬リースだが、やはり資金調達をしてスピードを上げたいし、もっといろいろ動きを作りたい。 まだリリースしていない状況なので、VCではなくエンジェルから投資のフェーズだと思っている。

スポーツで世の中を変えることに賛同し、僕らのチームに共感いただけるエンジェルの方と出会いたいと思っている。

この取り組みに興味を持ってくれてくれた方はシェアをいただきたいし、エンジェルの方が読んでいただけたら是非連絡をお願いします!

最後に

このチャレンジは大きな課題を持つので、解決できると世の中に大きいインパクトが残せる。このチャレンジを大いに楽しみたいと思う。