スマートWP クローズドβリリースしました!


このブログでサービスで食べていくチャレンジ宣言して、リーンなアプローチ紹介とか他社サービスとの違いについて書いてきましたが、ついにリリースすることができました。

スマートWP

headerlogo
サービス名は「スマートWP」といいます。
サービス紹介ページ : http://www.shakesoul.net/smartwp
株式会社シェイクソウルのプレスリリース : http://www.shakesoul.net/2013/10/29/news-release.html

知り合いのWP制作者やブロガーの方にクローズドαとして提供してきましたが、現在はクローズドβとしてサービス紹介ページでメール登録いただいた方に提供しています。
メール登録いただければ利用状況を見つつ招待させていただくので、まずはサービス紹介ページでメール登録いただければと思います。

ターゲットは、サーバ知識を持っている人がいないWeb制作会社になります。

WordPressをそれなりに運用しようとすると VPS などの専用サーバをセットアップして監視などを設けたくなりますが、どうしてもサーバに詳しい人がいないと作れない現状があります。
しかし、制作者は CSS, HTMLコーディングが基本スキルなので対応できないという問題があって、実際は妥協してセキュリティとパフォーマンスの担保がされない共有レンタルサーバで済ませてしまうケースも数多くありました。
ビジネスレベルで考えれば共有レンタルサーバはリスクが高く、専用サーバの方が望ましいことは制作者も認識していました。

そこで、しっかり運用する部分までサービスが行ってあげれば、制作者は見た目の部分に注力すれば良くなり、今までできなかった高いレベルで大きな規模のWebサイト運営ができるようになります。

「簡単、でもしっかり運用できるWordPressクラウド。」
サービス紹介のトップにあるこの言葉はそんな課題と解決方法から考えました。

なぜ WordPress か?

WordPress はいまやWebサイトを作ろうとする時に必ず選択肢に入るくらい認知度、機能、デザインと充実したCMSツールになっています。インタビューしてみた結果、予想以上に案件数は多くその制作を請け負って生活しているフリーランスのWeb制作者もたくさんいました。

クラウドサービスのカテゴリーでこのサービスは PaaS になるので、WordPress PaaS とも言えます。日本では WordPress の PaaS を名乗っているところはほとんどなく、共有レンタルサーバ、IaaSにWordPressをプレインストールしただけのものだけにとどまっています。

WordPressが動くクラウドとして、この新しいツールを選んでいただければと思っています。

魔法の杖のようなサービスをつくりたかった

「できないことができるようになる」と言うのは会社を設立した際に提供する価値として定義して、その価値を今までは特定の顧客に対して受託開発やコンサルティングという形態で提供してきました。

今回特定の顧客ではなく広く多くの顧客に対して「魔法の杖のようなサービス」を提供したいと思って作ってきました。

Web制作者がスマートWPを使うと今までできなかった本格的なWebサイト運用ができるようになる。
それによっていろいろな可能性が一気に広がる。共有レンタルサーバの規模以上のサイト規模への対応やスポット的な制作だけにとどまらない運営も含めた事業が始められたりする。

スマートWPがそんな存在になれればと思います。

サービス開発アプローチはリーンスタートアップ

自分自身の今までの失敗の歴史から今回はリーンスタートアップの手法をとることにしました。

リーンスタートアップを知った時、なるべく失敗のリスクをなくして、安易な資金調達に頼らず科学的な方法を推奨するスタンスが失敗の教訓と重なってとても気に入りました。

参考にした本のレビュー : RUNNING LEANリーン・スタートアップ

はじめてのリーンスタートアップのチャレンジだったので、思ったよりもスピード感が出なかったりしましたが、見よう見まねでやってみると今までにない客観評価が得やすくなった気がしています。
ここらへんのことは後々でもブログに残していこうと思っています。

リーンスタートアップはリリースしたら終わりではないので今後も迷いつつもやっていきたいと思います。

ということで、

ここからがサービスがしっかり成長していくために重要な時期なので、チャレンジを続けていきます。

まずは人件費がまかなえる利益をあげるところを目指していますが、それ以降大きくスケールさせることを判断した時には資金調達やチームを作るまさにスタートアップするアプローチにしていこうと思っています。

WordPress クラウドを求めている方は是非スマートWPを検討いただければ。
いまなら、無料のお試し環境を招待メールなしに利用できるので申込ページから申し込んでいただければと思います。