Think Simple


アップルは他の会社と違う。

一度アップル製品を使ってしまうと、いつの間にかアップルの魔法にかかってしまい、アップル製品を次々買いためていってしまう。

しかも嫌な思いせず、アップル製品に囲まれている状況はむしろ安心感さえ覚えてしまう。MacBook から始まって、MacBook Air へ買い替え、iPhone、Time Capsule、Thunderbolt Display、iPad と買っていってしまった。

そんなアップルの魔法がどんなふうに作られているのか。実際スティーブ・ジョブスがマーケティング・プロモーションの現場でどう振舞っていたのか、それが分かる本。筆者は長年スティーブ・ジョブスととマーケティングの仕事をしてきた社外のクリエイティブ・ディレクター。


Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

アップルやスティーブ・ジョブスに関する本は数多く出されているが、この本は外部者が客観的に述べた上っ面だけ論じたためにならない本とは異な り、実際アップル社の中でスティーブ・ジョブスとマーケティング・プロモーションで共に仕事をしてきたクリエイティブ・ディレクターが書いている。

この本で出てこないことは、アップル製品自体のデザインや技術的なこと。どのように製品が作られたかはわからない。ただ、アップルが何を思って製品をユーザに届けているのか、その試行錯誤や重視している思想が分かる。

かいま見える思想からは、チームについて、意思決定、大企業病を避けるための策など具体的な言動に現れて紹介されいるので、良い実践を学ぶこともできるだろう。筆者がアップル以外のクライアントとして実際関わったインテル、デルを比較をしている部分も、アップルが他の会社と何が異なるのか分かって、とても参考になる。

スティーブ・ジョブスが激昂的だとかわがままだとか色々言われているが、この本に書かれる彼の具体的行動を知ると、それ があまり正確な表現ではなくてとても合理的な強い意志からくる意図的な行動だということが分かる。それは優れたスタートアップの振る舞いとして大いに参考 にできるだろう。

もう一つは、有名な Think Different キャンペーンが作られる過程、アップル復活の象徴 iMac や iPhone のネーミングの検討過程が具体的に分かって、アップル製品のファンとしてはとても楽しめるエピソードになっている。

アップルの魔法の秘密を少しでも解き明かしたいと思っている方にお薦めする。