台湾旅行で気づいたこと


今回の台湾への家族旅行の個人的目的はいつも同じような環境にいるので、新しい刺激とか思いつきを求めていた。気づいたことをなるべくあげておく。

旅行者のための情報

  • 両替は台湾の空港で行うのが良い、日本 3.1円/TWD、台湾 2.6円/TWD</p>
    • 松山空港の到着ゲート手前と出た右側の両替所のレートが良かった
    • 日本円で考える時は 1TWD = ¥3 で計算していた
  • 安いもの
    • 移動手段(タクシー、地下鉄)
    • タクシーは最低利用料70TWD(¥210)、ちょっと遠目でも200TWD(¥600)くらい
    • 地下鉄は近めで20TWD(¥60)、遠目でも30TWD(¥90)
    • 食べ物
    • 高くても一人200TWD(¥600)くらい
    • CD/DVD: CDアルバム400元(¥1200)くらい、日本で買う輸入盤と同じくらい
  • 安くないもの
    • 着るもの: Tシャツ安売り3枚300元(¥900)とか
    • スニーカー: 日本と同じ

言葉

  • 意外と日本語喋れない、英語のほうが良い</p>
    • ホテルのフロントは全員トレーニングは受けているが、細かな話は日本人スタッフが対応していた
  • タクシーが大量にいて捕まえやすいが、中国語しかわからない人が多いので、紙に漢字で行きたいところを書いて伝えるのが良い
  • 現地の人との会話も挨拶くらいは日本語でしてくるが、英語のほうが話せる。

気候

  • 8月は暑い。台風がよく来る。日差しがすごい。スコールみたいなのが時々降るので湿度も高かった。駅構内や建物内に入れば冷房が効いているので、外を歩くときだけキツイ。
  • 天気予報はあてにならない。雨がいつ降ってもおかしくないので折り畳み傘を常備している。男女とも雨が降ったらすぐカバンから取り出していて、驚いた。

お店

  • 食べるところ多い(自炊しないで外食が常なのでは)、ファッションは期待できない。
  • 夜市は屋台、安売りファッション、小物、スニーカーショップが集まった感じ。アメ横似ている。
  • 日本のコンビニがめっちゃ多い。セブンイレブンが200mおきにある感じ、ファミリーマートも少ないがある
  • 日本でも目にするお店: スターバックス、ミスタードーナツ、マクドナルド、ケンタッキー、牛角

ファッション

  • 夏だったこともあり、基本Tシャツ短パン。女性もスカートほとんどいない。
  • 男性の髪型は普通。立たせたり、ツーブロックや坊主はいない。
  • 女性の化粧薄い or すっぴん。つけまつげしていない。
  • 意外とタトゥー多い。
  • 男性ヒゲちゃんと剃っている、あごひげ/無精ひげがいない。
  • 結構日差しが強烈なのに帽子をかぶっている人がほとんどいない。

観光客

  • 日本人6割、中国人4割、ほんの少し欧米人(多分ビジネスで来ている人)
  • 有名な歴史的建造物には中国人ツアーに組み込まれているようで、1ガイド20名の団体がいくつもバスで乗り付けてくる。日本人ツアー客は1ガイド10名くらいの小ぶりで数も少ない。
    • 中国旅行者はツアーに申し込んで団体でまわるのが普通らしい。

見て気づいたこと

  • 台湾の人の体型はスリム。それと比べると日本人は中肉系が多い。食生活で体型を管理出来るとすると日本は飽食(カロリーオーバー)ということなのだろう
  • 街が綺麗。駅構内は飲食禁止(ガム、アメも禁止)だから、ガムが床に黒くひっついていることはない。ゴミ箱も駅構内や建物内に多く設置してある。
  • 日本の製品がそのまま売っているものがあった
    • 女性雑誌、おもちゃ(特にガンプラ)
  • アングリーバードとなめこが日本以上に流行っている
    • セブンイレブンでアングリーバードのノベリティグッズがキャンペーンで使われていたり