163


やっぱり、自分の根本的なスタイルは常識に安住することを否定したこの言葉なのだろう。このスタイルを貫いた存在へのあこがれをいつも持ち続けている。