ヒューマン2.0 web新時代の働き方(かもしれない)


シリコンバレーカンファレンスに参加して、渡辺千賀さんのセッションがあって初めてお目にかかったのだが、それまでは何となくブログを読んでいただけであったが、もう少し考え方に触れたいと思い本を買ってみた。

ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)

</div>
</div>

内容はシリコンバレーでの暮らし、仕事やライフスタイルなどなど多角的に紹介している。

肩肘張らずシリコンバレーの楽観的な雰囲気のなかで暮らしている筆者のキャラクターがよく出ている文章が一貫して展開されているので、スラスラ読める。

確かに自分が見てきたシリコンバレーの様子はそんな感じで、自分が svc09++ カテゴリで書いてきたことと同じような視点や書き方になっていると思う。こちらの本の方が若干執筆されてから2年以上経過しているが情報量が多い分、シリコンバレーの様子がよく分かるだろう。

シリコンバレーのベンチャーの定義や様子、失敗が汚点にならないシステムやシリコンバレーでの仕事の仕方や必要な要素などについても解説している。

シリコンバレーは先端的かつハイレベルな特別な世界なので、ある意味正解がない中でみんなものすごいレベルでものすごい早さで走る。正解がないから正解を求めると言うよりかは、この先よく分からないんだけどとにかくやってみれば大きな成功にあたるかもしれない。と言う考え方で過ごしているし、その考え方がここで生きている人たちのベースになっていると思う。

そんな やってみなきゃ分からない人生 をエンジョイしつつ、ハイレベルで厳しい場所が確かにあるので、それがキラキラと輝く魅力的な場所に思える方でまだシリコンバレーという地を体感したいことのない方にはお勧めな本です。

</div>