iPhoneDeveloperJapan 懇親会にいってきました


iPhoneアプリを作ろうと思い、まずはコミュニティを探したらちょうどよく iPhone Developer Japan があって、MLに登録したらコニットの橋本さんから懇親会にお誘いいただきましたのでいってきました。

100名ほどが参加されて会場はパンパン。それだけで熱気を感じる。参加者は開発者はもとよりメディア、アップルの方なども挨拶されていて幅広い。

日本の iPhone アプリ関連の縮図のになっているのでは?と思うくらいプレイヤーがそろっていた。

f:id:d_sea:20090228184132j:image:w200 f:id:d_sea:20090228190504j:image:w200

数名の方と名刺交換させていただいたが、皆さん iPhone アプリ開発で食っていこう!と個人で起業されて自宅兼オフィスでという形態の方が多かった。

確かに iPhone アプリはワールドワイドだし、国内に比べればユーザ数も多くそれだけにランキングに入れば結構な収入が得られる。webよりも開発ボリュームは少なくてよいので、個人の工数でもやれてしまうということか。これは今までなかった全く新しい一つの経済圏が確立されているのだなと思った。

ここまで日本国内の iPhone アプリの開発市場が熱いとは想像していなかったが発言者のどなたかがおっしゃっていた、「来年の今頃までこの熱が続いているかどうか」という言葉は結構本質かもしれない。この勢いが継続して会場にいた方々から発信されるアプリが有名になっていけばいいなと思う。

もちろん自分もその1プレイヤーとしていたい訳だけど。今度は自分の作ったものを持った状態で参加しよう。いい刺激になった夜でした。