2008年を振り返る


振り返ってしまえばあっさりしてしまっているが、サービスを作っていくところから次のフィールドを考えるまでの葛藤があったなぁ。いろいろな人と話したことがすごく参考になっていて、不安とか何をしていけばいいか分からなかったところから徐々に形づいてきた気がする。

周りにいる人に対して、がっかりしたり、ありがたかったり、勇気をもらったりいろんな感情がありつつ過ごした1年だった。

1月
meet-me サービス再開 人が増えてきたが手元は変わらず
2月
サービスは走りながらも細部を詰めていった感じ
自分が望む質とスピードが実現しづらくなっていることを自覚する
3月
バックヤード系ツールのための構成を作る もっと情熱的にサービスを作っていけないのか、立ち上げのころのスピードはもう得られないのかだいぶ考えた
仕事としてはやっと余裕が出たので、自分自身への慰労もかねて家族で温泉旅行へ
携帯をL705iXにかえた
4月
meet-me 内に TOYOTA METAPOLIS オープン
それまでは安定性とスペックが見極められず不安と自信が交錯した日々だったかも
娘が小学校に入学
5月
ようやく外部の知り合いと夜飲めるようになった meet-me を紹介してみたり、反応を聞いてみたり
カンファレンスに参加してメタバース系、仮想化系の情報収集をして外の空気を感じる
6月
古巣NTT同期と会う機会が集中した 異動があり仕事内容が大きく変わっていたようだったが自分はやはり早めに外に出てよかったと思った
すごい会議をしかける ここでやってみた結果からプレイヤー以外の外野にいる無駄な人材が混じってしまったことを感じる
7月
自分次のフィールドを考え、会社を作ることを考え始める
新しい仕事のフィールドに移るたびに話してきた方々に反応を聞いてみる この時に聞いた話がかなり土台になっている
8月
前いた会社、VTVとBBTowerの人たちと話す 徐々に自分の起業への意識が強くなる
10年ぶりに学生時代のバイト先をお客として訪れる
9月
7回目の結婚記念日
仕事で知り合った方から wolfgang 貸してもらう
10月
初めて東京ゲームショウに行く
3Diのデモを見る
大まかに自分で食べていく手段を考え始める
11月
娘の七五三
IRI時代の先輩の会社を訪ねる 起業間もない会社の台所事情を知る
NTTのNGNショールームを見学する
fhy-worksを仲間と始める
12月
会社に来年1月末での退職の意思を明確に示す
新しい人のつながりができたりする
具体的に来年2月以降食べていく手段を探し始める
JTPAシリコンバレーカンファレンスに申し込む
家探しを本格的に行う