ネットワークコンサルタント 1次面接


最も早くセッティングされたのはネットワークコンサルタントだけを行う、かなり専門分野に特化した外資系コンサル軍団会社。人数も30名ほどらしくかなり質の高い選りすぐられたネットワークエンジニアが集まっている印象。

事前にエージェントに技術的にかなり突っ込まれるので、振り返っておくように言われていたので、久しぶりにルーティングプロトコルのおさらいしたりして対策しておいた。

面接官は社長+シニアコンサルタント2名。しょっぱなから来ましたかなり強烈な質問。以下に覚えている範囲で列挙。

  1. (職歴上に)冗長性の高いネットワークと書いているが、どのようなネットワークのことを冗長性が高いと考えますか?ホワイトボードを使って具体的に説明してください
  2. iBGPはなぜフルメッシュで張る必要があるのか
  3. iBGPでパスが多くなった時に対応する手法は?
  4. BGPで上り/下りを制御する手法は?
  5. peerが上がらない時のよくある原因は?
  6. なぜOSPFはRIPより大規模向きなのか?
  7. SPTの概要を説明してください
  8. QoSをかける際、優先制御/帯域制御以外の手法は? etc…

いやぁ、BGP なんて語るのはこの8ヶ月間なかったし語ったなぁ。答えられなかった質問もあったけど、8ヶ月のブランクは感じさせず結構覚えているもんだなと。やっぱり体で覚えたものはなかなか忘れないのか。

手ごたえ的にはダメではないので次に進めるだろうなという感じ。