”すごい会議” まとめメモ


自分なりの解釈含めたメモ

会議を開く前に(主催者が行うこと)

  1. 会議が終わった後に、どんな成果をあげることを期待するかをまとめる
  2. のぞむ成果のためにマネージすべきことをリストアップする
  3. 期待を明確にしてから、参加者を招待する
    • マネージするには誰を呼べばうまくいくかによってメンバを決定
    • 会議への招待状 以下の点を明確にして
      • 主催者が会議で得たい成果
      • 参加者へ何を期待するか

会議を行う前提

  • 集中した場を確保する</p>
    • 途中退席 NG
    • 携帯 OFF
    • 内線/外線の取次ぎ NG
  • コメントはいらない
    • もっともらしいご意見(コメント)に対しては、”では提案内容はなんですか?”と聞く
    • 会議を構成する要素
      • 提案
      • リクエスト
      • 明確化のための質問
  • 仕込み資料
    • 書き込み可能なリストアップするため表
    • 担当分けするためのドーナッツ上の表
    • 書き込み可能なコミットメントリスト
  • 同意が得られなかった場合の意思決定方法を決めておく
    • 誰がどのように決めるのか
    • 参加者に事前に同意を得ておくと後でもめない

会議手順

  1. うまくいってることを3つ以上あげる</p>
    • ねらい:(後ろ向きな雰囲気から)まず前向きな雰囲気を作る
    • 手法:3つ以上、時間は手短に
    • “とりあえず会議に参加できるだけのモチベーションはある” くらいのことでも良い
  2. 達成したいことは何かをあげる
    • ねらい:参加者の参加する意思を作る
    • 手法:1つ、5秒
    • 会議への意思を、呼ばれてきた->自分自身が影響を与える に変える
  3. 直面している問題点/懸念点は何かをあげる
    • ねらい:直近の見えている問題点を共有する
    • 手法:2~3つ、時間は手短に
    • 出た後に “どのようにすれば~できるか” の形式に変えて書く
  4. さらに言えない/言いにくい問題をあげる
    • ねらい:潜在的な問題点をあげる
  5. 自身/会社のひどい事実をあげる
    • ねらい:結局、最大の問題点は個人/会社に依存しているケースが多く、それを解消しない限り直近の問題も解決できない
    • 最終的に出た問題点/懸念点は “どうしたら” の形式に変えていく
      • これをすることで参加者に無意識に解決への手法を考えさせる
  6. 半年(or 12ヶ月以内)で何が主な成果が作り出せるか
    • 手法:1つ
    • 解決への手法を考え始めているので、出やすいはず
  7. それらを1つの “戦略的フォーカス” にまとめる
    • ねらい:参加者全員で共通の柱を作る
    • 手法:全体で1つ
    • 記述形式:[日付]までに[数字]を達成することによって[欲しいインパクト]となる
    • 現状出来るレベルではなくいかに魅力的になるか
  8. 戦略的フォーカスを達成するために必要な担当分野をあげる
    • 手法:いくつあげても良い
    • 多く出た場合は6つ程度になるように大別する
    • 担当分けは、”誰がどこを担当することが最も効果的か” の視点を持つ
      • やりたい分野ではなく全体の意識をもたせること
  9. コミットメントリストを作る
    • ねらい:具体的アクションプラン、コミットメントを全員に対して宣言する
    • 手法:担当者ごと3~5個
    • して欲しいことも含む リクエストは”インパクト”、”成果を訴える”。”自分へのコミットメント” を明確にして相手が実施できるようプレゼンする
    • コミットメントリスト:”誰が” “いつまでに” “何をして”
    • メジャーメント:”コミットメントを行う上でどんな成果を意図しているか”
  10. 今から1ヶ月以内に自分の起こす1番大きなインパクトはなにかをあげる
    • ねらい:チャレンジに必要なエネルギーを得る
    • 手法:各人 1つ
    • 内容は個々人にまかせる

会議後の進捗確認

  1. コミットメントリストの進捗確認</p>
    • 最低1週間ごとに担当メンバ同士で行う
  2. 問題が起きた場合
    1. 問題点をあげ、”どのようにすれば” を加えてリスト化する
    2. どんな状況であるか10分程度15個あげる
    3. 解決の可能性を検討
    4. アクションを決める
      • 誰がいつまでにどのようにして何を行うか を決める