Knowledge of Internet Routing Protocols ~概要~


今後ルーティングプロトコルをガシガシ使うことがなくなると思うので、忘れていかないうちに自分のナレッジのメモ

あまり運用上使わない部分は削ってしまうことにする。

追加項目/ご指摘大歓迎

現在執筆中・・・

ルーティングプロトコル概要

BGP
AS間で用いるルーティングプロトコル、社外ISPと共通して用いる唯一用いるプロトコル
IGP
AS内部で用いるルーティングプロトコル
    • OSPF
    • RIP
    • static
    • etc.
BGPとIGPの関係
IGPのルーティングテーブルを用いてBGPセッションが成り立つ。具体的にはリカーシブルックアップのようにBGP経路のNexthopへ到達するためにはIGPのルーティングテーブルを参照することが通常であるため

BGP

eBGP
  • interface address 同士でのダイレクトな peering が通常
  • AS 間には peering を行う小さなネットワークが存在 (private peer なら /30、IX peering なら /24)
  • AS 間における BGP 運用責任はtransit 提供などのサービス提供形態以外は対等、損害賠償もない緩やかな覚書を結ぶ程度(覚書を結ばないISPもあり)
iBGP
  • loopback address にて peering</p>
    • バックボーン内は複数ネットワークにて冗長性を確保している場合が通常であり、interface address に依存しない peering が可能

BGP のトラフィック制御方法

上りトラフィック制御方法(origin AS から external 行き:出し)
  1. Local Preference
  2. AS-path長
  3. MED (上書き)
下りトラフィック制御方法(external AS から origin AS 行き:入り)
  • Prepend (AS-path長)
  • MED (external からの経路情報より)
その他の制御方法
  • community</p>
    • 色づけ(それ自身では制御は行わない)、fliterで引っ掛けて LP/MED などの制御を実施する
    • origin AS の経路、border ルータ、customer AS、external AS などを識別するために経路情報に付与する
  • eBGP multi hop
    • 複数ネットワークをはさんだ状態でpeerを張る
    • neighbor address への到達性は static を切って確保する必要がある
    • 同一ルータで複数回線接続する場合にはロードバランスが可能
      • この時ループバックアドレス同士のpeerが通常
  • multi path
    • best path 選択の際、最後のクラスターIDまで落ちずに手前の段階で同コストとして選定する
    • 複数本peerを張っている場合にはロードバランスが可能