ayil


多分5年くらい同じ人に髪を切ってもらってるのだけど、その人が独立してお店を持ってから初めて行って来た。

美容師の世界では独立はいつかはやりたい目標になりやすいようだけど、自分の転職とかもダブってなんかとても応援したくなって、お祝いの植物送ったりしてた。

お店はホントこじんまりしていて、完全予約制。たった一人で会計から髪洗う/切るまで全てやっていた。

今までは同時に3人くらいを相手にしていて時間を気にしながらやっていたけど、自分が納得いくようにお客様にはくつろいでもらえるようにと思って開いたらしい。

今までなかなか会話もしなかったけど、色々話せてその人との距離がずっと縮まった気がした。自分の転職の話もして、「ホントがんばってくださいね。」と言ってくれたのがすごくありがたかった。

これからも一人でやる予定らしい。体調崩してしまえば代わりはいないし、全てを自分の責任で背負いながら腕一本でやってくのは究極の仕事の仕方なのかも。

これからも彼のセンスが衰えることなく、楽しませてくれたらと思う。お互いにがんばっていきましょ。